新卒は就活エージェントで採用率アップ?

新卒として就職活動をしている方、これから就活活動を頑張ろうという方。
活動状況は順調でしょうか。

なかなか多くの人にとって順調な就職活動ができて、自分の行きたい会社が明確にあって、希望の業界から何社も内定が出るというのは難しいことなのかなと思います。

就職活動での悩みがある、結構行き詰ってしまっている。
そんな方に検討してほしいのが「就活エージェント」です。

通常の就活サイトでどんどんエントリーしても、何かしっくりこない。そんな人は方法を見直してみるのもいいのではないでしょうか。

新卒の場合、何をしたらいいのかがわかりにくい

就活の時期になったけど、いきなり就活と言われても何をしたらいいのかがよくわかりません・・・

新卒の就活という場合、何をしたらいいのかというのが本当にわかりにくいです。

就活サイトに登録して、エントリーして、説明会に行って・・・という流れはわかりますが、本当にそれでいいのかという疑問が次々と湧いてくるのが普通です。

それまでやったことがないことなので当たり前です。まわりと同じような流れの通り就活を進めるのが本当に正しいのか、この判断をすることが非常に難しいのです。

実際に進めてみても、本当にこれでいいのかと悩むことは多いでしょう。

本当にこの業界でいいのかがわからない

学生が就職する場合、本当にその業界でいいのかどうかがわからないことが多いです。

実際に働いたことがあるわけでもないですし、多くの場合、本当に働いたことがある人の情報が入りにくく、ある程度は想像の範囲で選ぶしかありません。

その会社の人からの説明や細かい仕事内容を聞くことはできても、就職活動の場になってしまうと、相手企業の本音は聞きにくくなってしまいます。
選考に関係してくるとなると相手側もなかなか本当のデメリットは言えず、良いことしかいえないというようなことも起こります。

なんとなくこの業界はいいなと思っていても、その業界で働くことが正しいのかどうか、これは働いてみないと最終的にわからないというのはもちろんですが、それを選択するための情報があまりにも少ないのです。

何をどうアピールすればいいのかがわからない

目標とする企業が決まっても、自己PRとして何をどのようにアピールすればいいのかがわからないという人も多いのではないでしょうか。

就活本を見ればある程度の例は書いてあったとしても、あまりにも凄いことが書かれていて、とても自分にはできないようなものだったりもします。

また中には書かれている内容がわざとらしすぎて、本ではそうであっても実際の履歴書、面接ではちょっと微妙というものもあったりします。

アピールすることは自由ですし、各自それぞれの個性をといっても、それが企業受けするかどうかという問題はあります。

ここをどう調整すればいいのかということ、自分だけで完結してしまって本当に大丈夫なのかということがあります。

仲間内で見せ合って上手くいくならいいですが、やはりもっとより良い方法で少しでも内定確率を高められるようなことをしていきたいですよね。

学校に自信がないと不利になる

就活では、あらゆる大学の学生と同時に競争するということになります。
有名大学を出ていて、十分に就活市場でも戦えるということであれば気にすることもないかもしれませんが、そうでない人もたくさんいるはずです。

学校名で目立たないような人の場合は、何か他に光る要素をアピールしたり、特徴を前面に押し出したりしていかなくてはいけません。

みんなと同じ就活をしていれば、同じような結果しか得られないでしょうし、ライバルの学生があまりにも強いという場合は何か異なる方法を考えていかないと、人気企業に対しては結構厳しいというようなことも起こります。

どんな工夫をしていけばいいのか。早い学年から意識している人は特別な動きをしているかもしれませんが、多くの人はなかなかそう上手くいくものではありません。

人に言える成果がないと難しい

就活で何をアピールするか、これは各自本当に悩むところ。
人に堂々と言えるような大きな成果がある人であればいいのですが、全員がそんなにあるわけではありません。

サークル活動といっても部長レベルをしていたわけでもないし、勉強レベルも特別なものではない、アルバイトも普通にこなしていただけ・・・。
そんな大学生の方が大半なはずです。

後はそこからいかに自分の良い面を打ち出していくかということ。
目に見える成果だけではなく、内面からアピールできることであったり、ふとした小さなことから見出せる違いを出してみるということ。

どこまでのことができるかは非常に難しいものです。
このあたりの自己PRも相談できるような相手が欲しいですね。

手当たり次第の応募で本当に正しいのか?

就活サイトで気になるところが出てくると、エントリーすることになりますが、数を絞ってエントリーというのはそうしたくてもなかなか現実的にはないところがあります。

ほとんどの会社は落ちてしまいますから、応募できる案件は多く蓄えなければいけません。
だからといって、不必要に手当たり次第応募するのが本当に良いのかというと微妙なところも多いでしょう。

行ってみないとわからないということももちろんありますが、それでもただひたすらにあちこちに行くというのは非効率です。

きちんと自分の行きたい業界であったり、会社の良し悪しを見極めてというのがベストなのですが、これもまた学生が決めるのは難しいことが多すぎます。

学校は正しい情報を教えてはくれない

学校の就職課等で相談すればある程度の情報がわかるという人もいます。これは学校によってかなり異なります。

学校が就職にかなり力を入れていて、本当に重要な情報までがわかるということもあるかもしれません。

そうではなく、本当に形式的な情報しか用意されていなくて、相談してもあまりにも一般的な回答しか返ってこないというところもあります。

学校の就職課は決して就職のプロというわけではありませんし、企業との詳しい情報を持っているとは限りません。
その学校次第で頼りになるかどうかがかなり違ってきてしまうという印象があります。

実際のキャリアとしてどこまで相談できるか、役に立つかは人それぞれになります。

就活エージェントを使うということ

昨今利用するのが流行ってきているのが就活エージェントというサービスです。

これは就活の専門的なアドバイザーと相談ができて、就活へのアドバイスや添削等をしてもらいつつ、そのまま企業の紹介、内定まで進めるというようなサービスになります。

通常の就活とは異なり、エージェントを通しているということで、企業側の採用枠も異なっていたり、一般とは違うルートでの勝負ができることになります。

エージェント経由ということで企業側としても、全く誰かわからない人を先行して採用するよりは、ある程度わかった人を連れてきてくれるという安心感がありますし、エージェントを利用している企業というのはそれだけ採用に力を入れているということです。

通常の就活に加えて就活エージェントを使えば就活が有利に進む可能性は高まりますね。

本当の業界情報、会社情報を教えてくれる

就活エージェントに相談すると本当の業界情報であったり、会社情報が具体的に教えてもらえるというところがあります。

エージェントも就活を進めるために実際の企業側と話をして多くの情報を入手しています。

第三者がサポートするための情報として、一般的な学生向きの説明会情報よりもより深い情報であったり、内部で働かないとわからないこと、第三者の視点として判断できることとまた違う情報がわかるものです。

自分一人で業界研究をしていたり、説明会を受けただけだったらそんなことには気づかなかった、そういうことを知ることができるかもしれません。

就活というのは本来は相互理解で良い面も悪い面も明らかにした上で進めていくというのが一番なのですが、大人数勝負での通常の就活ではなかなかそうもいかないということも多いのです。

エージェントを介することによってこれまでの紹介の結果から得られた知識やその人にあった業界や就活の方向性をアドバイスしてもらえるのです。

面接指導によって実力をアップできる

エージェントによっては面接の指導を受けることができ、本番の前に十分な練習を積むことができます。

面接というのはかなり慣れの部分が大きく、また指摘されないとなかなかできないというものもあります。

普通の学生の場合、そんなに面接に慣れているということはありませんし、勉強であればまだしも就職という社会の場、仕事の場の面接においてそこまでスムーズにできる人はそんなにいないはずです。

こうした面接も得意、不得意がかなり分かれ、不得意な人は本当は優秀であっても、不利になってしまうということがあります。

事前にプロの人に面接を見てもらって、直していけば、本番でも落ち着いて対応したり、予期せぬ質問がきても柔軟に対応できるようになるはずです。

面接ということで事前に自分自身でもQ&Aをつくったりはするかもしれませんが、自分一人だけだと、答えることはできたとしても、総合的な印象を相手側はどう受けとるかというのはわからないものです。

こうした練習は苦手だという人もいるかもしれませんが、本番で上手くいかなければ内定を勝ち取ることはできません。

エージェントを利用して面接慣れしたり、自分の良い部分を引き出してもらうということは大きな効果を得られることでしょう。

 

まとめ

ここでは、新卒の就活の新たな方法として就活エージェントを紹介しました。
エージェントは既卒の転職では昔から当たり前に行われていましたが、新卒ではまだまだこれからということで新しいサービスになります。

エージェントに相談することで得られることも多いと思いますし、学生にとって使って不利になるというようなことはありません。

就活エージェントを使う会社はまだ限られていますが、優良企業も続々と参加していますし、利用するとチャンスが広がることは間違いありません。

就活で悩んでいる人は一度就活エージェントに相談してみるということもやってみてください。

新しい道が開けることを応援しています!

キャリアパーク

・東証マザーズ上場のポート株式会社が運営。現在勢いのあるエージェント会社です。
・優良企業300社の中から厳選して紹介する方針。
・年間1000名以上面談の就活のプロがサポート。

一般のサイトで選考に落ちて困っているという人でも、キャリアパークで方向性を見出して就活に成功したという方もいます。

首都圏での就職を考えている人におすすめです。

キャリアチケット

・就職・転職に総合的に強いレバレジーズ運営。
・独自の優良企業を170社以上用意。
・相談したい内容が固まっていなくても安心して利用できます。

「やみくもな就活は、もう終わりにしよう」ということを謳い、少数精鋭での内定を出す就活を目指します。

渋谷・秋葉原・池袋・大阪・横浜・福岡・名古屋・京都でのカウンセリングが可能です。
※現在はLINEテレビ電話でもカウンセリング実施中
キャリアチケットは多くの面談場所を用意してあり、利用しやすいサービスになっています。

JobSpring

・入社後の活躍まで考えているということが強み
・非公開求人も含め約1000件の案件あり
・大量の案件紹介ではなく、本当に学生に合う企業は何かということを考えてくれる。
・合格のための戦略を一緒に練り、高い内定率を持つ。
・早期離職も非常に低く、就職した人の満足度も高い。

関東近辺の企業の紹介を希望する人、満足度の高い企業を探している人にはおすすめできる信頼度の高いエージェントです。

タイトルとURLをコピーしました